お葬式の種類

慣習に習ってお葬式を行う場合、通夜と告別式を二日にまたがって行い、2日目の告別式の後火葬という形になりますが、最近は通夜と告別式を同じ日に行う事が多く、中にはそれらを省いてすぐに火葬式という形で火葬を行い故人とお別れをする事もあります。今までの慣習通り行うと費用もそれなりに必要となりますが、このようによりシンプルな形で葬儀を行なうと、大幅に費用を抑える事もできます。また、故人が高齢であり、参列者があまりいないという場合は、ごく近しい人たちだけで見送りする葬儀も人気となっています。

火葬式だけで葬儀をする場合、お坊さんなどを呼ばずに行う事も可能ですが、しっかりとお寺に依頼をしてお経を頂き戒名もつけてもらう事もできます。小規模な葬儀でも故人を仏式で送りたいと思っている場合も、火葬式は利用しやすいという理由から人気を集めています。

色々なお葬式の種類がありますが、故人を丁寧に送ってあげたいという気持ちもしっかりと汲んでいる葬儀が多く、執り行った人も満足いくものばかりです。小規模でも大規模でも故人への気持ちには大差がないといえます。葬儀は故人の考えや周りの状況を考慮してその時に最善で行なえるやり方で行う事が大切です。