お葬式の流れ

親しい人が亡くなった場合、葬儀を執り行う必要がありますが、一般的に葬儀自体を取り仕切るのは、自分の親の葬儀が一番早い経験となるのではないでしょうか。一般的なお葬式の流れを抑えておくと、いざという時に焦らずにすむためおすすめです。

お葬式の種類に限らず、お葬式を行う場合は、故人をお迎えに行くところからはじまります。葬儀社に連絡を入れて故人を病院からご安置する場所まで運びますが、この時自宅に運ぶ場合もあれば、自宅が狭いなどで自宅に戻せない場合は、葬儀場に運びご遺体をご安置する事もできます。葬儀社を選ぶ時には、自宅以外のところで預かってもらえるかどうかも一緒に確認しておくと、いざという時に慌てずに済むでしょう。また、そのまま預かってもらえるところと、家族がつきそって一緒に泊まる事ができる施設もあるので、その点の要望も伝えておくことが大切です。

ご安置後、祭壇を準備して弔問にきた方のために、お焼香ができるようにしてくれます。その後通夜と告別式の打ち合わせをして当日を迎え、最後に火葬をして終了というのが一般的な葬儀の流れとなっています。家族葬や火葬式の場合は流れが多少変わってきますが、大まかな流れはだいたい同じなので不幸があった場合は頭に入れておくと便利です。